車に行なう塗装の基礎知識です

自動車の美しく輝くボディカラーには大きく3つの種類の塗装があります。一つ目はソリッド、二つ目はメタリック、そして三つ目はパールと呼ばれるものです。どのタイプのボディカラーを選ぶかによって、見た目だけでなく、購入後のお手入れや傷をつけてしまったときの修理方法、またその費用などが違ってきます。さらには中古車を売却するときの買取価格にまで大きな影響を与えます。ボディカラーが買取価格にまで影響を与えるなんて考えてもいなかったという人が少なくないのですが、実は想像以上に大きな影響を与えます。具体的には人気がある白や黒、シルバー、パールなどのボディカラーは高く売れ、逆に人気がないブラウン、ゴールド、ブルーなどのボディカラーは安くなってしまいます。

ソリッドとメタリックの特徴と違い

3種類ある塗装において、ベースとなるのはソリッドです。ソリッドとはいわゆる「赤」「黄」「青」など単色のことを言います。非常にシンプルな色素の構成となっており、昔はみなソリッドしかありませんでした。ソリッドはシンプルであるがゆえに、塗装がしやすく、価格も安いというメリットがあります。最近のクルマはソリッドの上にクリアーを塗布して、カラーの色あせや傷などを守っています。メタリックというのは微粒なアルミ片のことで、ソリッド色の中にこのアルミ片を混ぜています。その結果、ひかりが当たるときらきらと輝く美しい色合いになります。メタリックの場合、アルミ片が直接空気に触れると酸化してしまうので、それを防ぐために最後に必ずクリアーを塗布します。またこのクリアーが美しい輝きに一役買っています。

オプション色のパール色の魅力と特徴

パールは雲母という石が細かく砕かれて混ぜられています。メタリックとはまた異なる淡くて優しい輝きを放ち、光の加減によって色合いが変わるという特徴があります。ホワイトパールなどは人気色となっていますが、通常はオプションカラーとなっており、3万円前後の費用が別途発生します。また、パールは光に当たって輝くという特徴があることから、ボディについた傷を目立たせなくする特徴もあります。ボディの洗車やワックスがけなどが面倒な方は、汚れが目立ちにくいパール色がおすすめです。パールもメタリックと同様に最後にクリアーを塗布しなければなりません。メタリックのように酸化することはありませんが、クリアーをしないとざらざらとした感じが残ってしまうようです。ボディカラーによって同じクルマでも雰囲気が大きく変わるので、じっくり考えて選ぶことが大切です。

車の修理って高い!いままで常識を覆す、安心の均一料金体系。 車にお金はかけたくないけど、へこんだ車はみっともなくてイヤ!そんなときに頼れる激安修理です。 業界の常識を覆す激安料金体系。車種や色による追加料金もありません。 バンパーのスリキズ修理は1ヶ所3000円均一で承ります。 車の塗装カンタン見積りはこちら